酵素ドリンクの失敗しない作り方のコツ

酵素ドリンクを手作りするうえで、失敗しないよう、作り方のコツを紹介します。

材料はできるだけ無農薬の物を

酵素ドリンクを手作りする際には、皮ごと発酵させるので、
できるだけ無農薬で、旬の野菜や果物を選ぶようにしましょう。
 <おすすめ>
 春~夏 イチゴ・スイカ・トマト・しそ・ゴーヤ・キャベツ
 秋~冬 みかん・大根・にんじん・リンゴ

室温に注意しよう

酵素シロップは、室温20℃~25℃の部屋に置いておくと、発酵がスムーズに行われます。
ですので、春や秋が手作りにはベストですね。
冬は寒いので、出来上がるのに時間がかかるかもしれませんが、
泡が出てくるまで置いておくとちゃんと酵素シロップは完成します。
夏は、過発酵を避けるため、あまり暑い部屋には置いておかず、
クーラーの効いた部屋に置いておくようにしましょう。

使用する瓶は熱湯消毒しておく

酵素シロップを発酵させる瓶は、雑菌が混ざらないように、
使用前に熱湯消毒しておいてください。
鍋にお湯を沸騰させ、5分程度煮沸消毒するとよいでしょう。

出来上がり後は冷蔵庫へ

  
出来上がった酵素シロップ冷蔵庫で1~2ヶ月はもちます。
できれば、遮光性のある瓶に入れて保存するのが好ましいですが、
無い場合は透明な瓶でも問題ありません。

以上のことを気を付ければ、誰でも手作りの酵素ドリンクを作ることができます!
ぜひ、作ってみてください!

⇒私のおすすめする酵素ドリンクTOP3はこれ!
サブコンテンツ

このページの先頭へ